h2hospital

病院概要

病院理念

「運動機能再建」の専門病院として先進医療を提供し、患者さんに信頼される病院を目指します。

病院概要

理事長・院長
加藤 貞利
名誉理事長
藤谷 正紀
診療科目
整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科、麻酔科
病床数
225床(一般病棟225床 )
1床 15室、2床 45室、4床 30室
従業員数
約270名
一般病棟
10:1入院基本料
建物構造
鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造) 地下1階、地上6階
敷地面積 6,677㎡、建築面積 3,975㎡、延床面積 16,905㎡、高さ 29,418m
診療指定
・ 保険医療機関指定
・ 労災保険指定
・ 生活保護法指定
・ 更正医療指定
・ 結核指定医療機関
・ 育正医療指定
・ 身障者福祉法医療機関指定
・ 札幌市救急指定
・ 原爆一般疾患医療機関指定
施設認定
日本整形外科学会認定医制度による研修施設(日本整形外科学会)
日本リウマチ学会教育施設(日本リウマチ学会)
日本手の外科学会研修施設(日本手の外科学会)
クリニカルフェロー施設(日本脊椎脊髄病学会)
アドバンスコース施設(日本脊椎脊髄病学会)
麻酔科認定病院(日本麻酔学会)

沿革

昭和53年3月

整形外科単科(整形外科・麻酔科・理学診療科:一般病棟225床)の大型専門病院として開院

平成2年2月

医療法人化となり、医療法人北海道整形外科記念病院となる

平成7年8月

手術室・5病棟・駐車場 増築工事開始

平成8年1月

手術室・5病棟・駐車場 増築工事完了

平成8年11月

診療科名変更 整形外科・リウマチ科(新設)・麻酔科・リハビリテーション科

平成11年4月

許可病床数変更 一般病棟165床・療養型病床60床

平成19年4月

許可病床数変更 一般病棟205床・亜急性期20床

平成20年9月

新病院建築工事開始

平成21年11月

新病院 建築一期工事完了 本体(新棟)部分
オーダーリングシステム導入
許可病床数変更 一般病棟203床・亜急性期22床

平成22年7月

診断分類包括評価(DPC)対象病院に認定される

平成22年8月

新病院 建築二期工事完了 第一駐車場・地下駐車場部分
新病院完成

平成23年9月

院内保育園 建築工事開始

平成24年3月

院内保育園 建築工事完了

平成24年4月

院内保育園開園 名称 きねん保育園

平成26年10月

許可病床数変更 一般病棟225床

 

厚生労働大臣の定める院内掲示事項

入院基本料に関する事項

当院は、厚生労働大臣が定める施設基準のうち、次の事項について施設基準に適合している旨の届け出を行っています。

  1. 一般病棟入院基本料の10対1入院基本料を算定しております。
    2階東病棟(45床)、2階西病棟(45床)、3階東病棟(45床)、3階西病棟(45床)、4階病棟(45床)
急性期医療にかかわる、診断群分類別包括(DPC)に関する事項

当院は、厚生労働大臣が指定する診断群分類別包括(DPC)対象病院として、平成22年7月より「厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法」の告示により診断群分類別包括(DPC)の算定をしております。

地方厚生(支)局長への届出事項に関する事項
当院は厚生労働大臣が定める施設基準のうち、次の事項について施設基準に適合している旨の届出を行っています。
  • 10対1入院基本料
  • 看護必要度加算2
  • 診療録管理体制加算1
  • 医師事務作業補助体制加算1(50対1)
  • 薬剤管理指導料
  • CT撮影(16列以上64列未満のマルチスライス型の機器)及びMRI撮影(1.5テスラ以上の機器)
  • 運動器リハビリテーション科(Ⅰ)
  • 外来リハビリテーション診療科
  • 外来化学療法加算(2)
  • データ提出加算(2)イ
  • 感染防止対象加算(2)
  • 退院支援加算2
  • 急性期看護補助体制加算(50対1)
  • 療養環境加算
  • 麻酔管理料(Ⅰ)
  • 検体検査管理加算(Ⅱ)
  • 患者サポート体制充実加算
  • 医療安全対策加算(2)
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6に掲げる手術件数は次のとおりです。(平成28年1月~12月)
  • 区分2-ア 靭帯断裂形成手術 31件(内視鏡下靭帯断裂形成術 22件)
  • 区分2-ア 観血的関節授動術 6件
  • 区分 -その他 人工関節置換術 344件
当院は、入院時食事療養(Ⅰ)の届出を行っており、管理栄養士によって管理された食事を適時、適温で提供しています。
朝食 7時30分 / 昼食 11時30分 / 夕食 6時30分
 

 

 

ページトップへ