h2hospital

ご挨拶

理事長ご挨拶

北海道整形外科記念病院は1978年(昭和53年)に225床をもつ整形外科単科の病院として開設されました。年間約3400件の手術数が示すように全国でもトップクラスの整形外科病院として認められています。

診療圏は北海道のみならず全国一円で、中でも外来患者は各地から月間平均6,500人以上が訪れています。
2010年8月には新病棟が完成してバリアフリー化を図るとともに2階と4階に屋上庭園を作リハイグレードな居住性を患者さんに提供しています。
MRI、CT、X線テレビ装置など高度な医療機器も完備しています。遠方から来られる患者さんも多いために3.0テスラーと1.5テスラーの2台のMRIを利用して即日検査を可能にしています。

私どもは、より専門的な医療を行うために患者さんの疾患部位あるいは損傷部位に応じて、各分野の専門医が4~ 5人体制でチームを作り最新の治療に取り組んでいます。
さらには今年度からはスポーツ・リハビリセンター、人工関節センター、脊椎センター、肩・肘・手外科センターを設置してより高度の医療を提供出来るように体制を整えました。

私は『医療には心と心の繋がりが最も大切であり、病院の働くスタッフはみんな家族である』と思っています。
私どもと一緒に働く仲間全員で病院を訪れる全ての患者さんに安心感を持っていただける病院、親しまれる病院をこれからも作って行きたいと思っています。

特色

産業の近代化、機械化に伴う各種障がいの増加、交通災害の激増、或いは生活環境の変化など、様々な要因も加わって、近年は整形外科的治療の対象者は増加の一途をたどっています。
当院では、適切かつ専門的な治療を行うため、当院受診者を罹患部位によって「上肢」「下肢」「脊椎」「股関節」の4つの分野に細分し、各分野の専門医師が、手術を中心とした質の高い医療を行っており、手術件数は1ヶ月平均250例を数えています。
また疾患群として「リウマチ」「スポーツ外傷・障がい」「骨粗鬆症」に関しては専門性を深めるために最新の知識と治療システムで対応しております。
当院の診察圏は本道一円です。入院患者の約半分近くは札幌市外の50を超える各市町村からの利用者で占めています。又、日本整形外科学会認定研修施設として研修医を道外からも受け入れております。

ページトップへ