当院のスポーツ整形・リハビリテーションセンターの特色

スポーツのケガは多部位にわたり、その診断から治療(リハビリテーションを含む)には、その部位の高い専門性を必要とします。
当院は脊椎・上肢・下肢の各々の専門医が15名(日本体育協会公認スポーツドクターまたは
日本整形外科学会認定スポーツ医が7名)、理学療法士も14名在籍(日本体育協会公認アスレチックトレーナーが1名)し、年間3,000例を超える手術を行っております。
また、野球、陸上競技、アイスホッケー、スキージャンプなどの連盟、所属チーム、選手との信頼関係も築いております。
当センターは、各部位の専門医・理学療法士が高度な知識を持って診断・治療を行います。

スポーツ団体・選手と当院の関係

陸上競技athletics

アイスホッケーice hockey

スキーskis

スノーボードsnowboard

  • ソチオリンピックスノーボードチームに帯同
  • 松本遙奈選手(スノーボードハープタイプ:FISジュニア選手権優勝)

カーリングcurling

野球baseball

  • 新琴似リトルシニアリーグチームドクター

バレーボールvolleyball

当院におけるスポーツ整形・リハビリテーションセンターの構成

  • 外来クリニック
    各医師の詳しいスポーツ役職・経歴は医師紹介をご覧ください。
  • リハビリテーション部
  • 手術部