人工関節外科センターについて

1900年代半ばに開発された人工関節は、整形外科領域の歴史の中で最も輝かしい業績の一つと言われ、関節痛に悩まされる数多くの患者様を救ってきております。
当院では1978年の開院当初より、いち早く積極的に人工関節による治療を開始し、長い歴史と数多くの経験、実績をもっております。

関節の痛みを改善するのはもちろんのこと、関節の動きなどの機能の回復、手術後の感染や血栓などの合併症の予防対策など、”より良い人工関節”を目指して、各専門医および専門医グループが日々研鑽、検討を重ねております。
さらに満足して頂ける看護とリハビリ、入院生活を提供できるように、病院スタッフ一同取り組んでおります。

人工関節について知りたいことやご相談のある方は、是非一度外来を受診されることをおすすめ致します。

人工関節外科センター長
三上 将

手術について

ナビゲーションシステムについて

  • 北海道整形外科記念病院